株式会社 新保哲也アトリエ

新保哲也アトリエ コーポレートサイト
新保哲也アトリエについてワッフル・ケーキの店R.L(エール・エル)建築設計 インテリア事業採用情報お問い合わせ
新保哲也アトリエについて
社長メッセージ
空間の中にあるものすべてをデザインしたい。
新保哲也 株式会社 新保哲也アトリエ
代表取締役社長
新保哲也

1989年に一級建築士事務所として始まった私たちの会社に「アトリエ」と名づけたのは、建築だけでなく家具や食器、さらにはお皿の上の食べ物までもデザインしたいと考えたからでした。


建築設計を行う側の視点だけにとどまらず、その空間を使うお客さまの視点に立って、空間の中の細部に至るまでをこだわって創りたい。
自分がお客さまなら「ぜひ行きたい」と思えるお店を創れたら。


こうして1991年、兵庫県武庫之荘で「ワッフル・ケーキの店 R.L(エール・エル)」が誕生したのです。


建築設計とワッフル。つながりのないように見えるこのふたつは、「空間の中にあるものすべてをデザインしたい」という想いで一直線につながっています。


私たちがデザインしたのは、「日本のワッフル」です。

エール・エルでは、繊細さや創意工夫といった日本人の持つものづくりの気質や感性を大切にしています。


日本人がつくり出すワッフルを通して、それらを世界中に発信したい。 かつてヨーロッパから来たカステラが、今では洋菓子でも和菓子でもない「日本のお菓子」であるように、私たちのワッフルもまた、日本のこころを持った「日本のワッフル」でありたいと考えています。


私たちのワッフルが、世界中の人々の幸せなひとときを彩る食べ物になるように。
これからも私たちはおいしいワッフルを一生懸命つくり続け、日本のワッフルを世界中に広めていきます。
新保哲也
ページトップへ
Copyright © Atelier Tetsuya Shimpo, Inc. All Rights Reserved.